新歓合宿
さあ,ラストスパートだ!!

May. 6 1999

一般の人たち(この表現のさすものがどの辺の人たちなのか定かではないが)は, ゴールデンウィークをどう過ごすのだろう? 確か,高校生のときは我らが静高(静岡高校)野球部と静商(静岡商業)野球部 との間で定期戦があったので, その応援に行ってたような気がする. しかしそれも毎年4月29日のことだから, そのあとは家にいたのかな? あんまり覚えていないですね ^^; 大学に入ってからは, 毎年のように新歓合宿に行っていて, 行かなかったのは一度だけのような気がするなぁ.
新歓合宿の時期は, 潮干狩の客が長靴の先目指してわっと押し寄せてくる. しかし,メジャーな道と言えば, 産業道路経由の一般道, 知多半島道路, 知多半島の東側(半田,河和経由)の一般道くらいしかない. しかも,半島に入ってからはほとんど1車線しかない. そこに,東海三県, あるいはさらに遠くから観光客が訪れるから当然のように大渋滞が発生する. いつもだったら名古屋から1時間ちょっとでついてしまう合宿先の柏屋に, ひどいときには3時間もかかってしまうこともある. そんな渋滞に巻き込まれたりしたら, 疲れてしまってもう練習する気なんかなくなってしまいそうだ…. それでも,探検が好きな人たちは半島の山の中を縦横に走る広域農道, あるいはほんとに舗装もちゃんとされていないような道を見つけ, 渋滞をかいくぐっているようだ. 私もその一人である. 今回の合宿では普通の道しか走らなかったが, ここ3年の間に随分と探検をした.
車で来る人にとって,上野間から武豊までの間が一番の悩みどころである. ちょうどその間に大きなゴルフ場があったりして, 地図を見ても上記の3本以外なかなかいい抜け道がない (ほかのところはだいたいきちんと舗装された抜け道がある). しかも渋滞が一番ひどくなるところでもある (抜け道がないからなんでしょう,きっと). しかし,探検好き(単に短気なだけか?)にとっては, ここが腕の見せどころである(本当かなぁ…). きっと,いろんな道を発見していることと思われるが, 私が通った道をいくつかあげてみる.
1.柏屋〜河和〜美浜I.C.〜(途中で鋭角に曲がって布土方面へ抜ける道)〜
(知多半島道路手前の怪しげな農道)〜ゴルフ場〜武豊〜半田...

怪しげな農道ってやつがなかなかすごくて, 知多半島道路手前から車一台がやっと通れる幅の坂道を登って行き, しばらく農業用水の横を走りながらやがて山の中に突入. 生い茂った雑草が車の側面をズリズリとこするのを気にしつつ進むと, 知多半島道路の上を渡る橋に出る. そこからは普通の道で, ゴルフ場を横目に見ながら快適な(?)ドライブが楽しめる.

2.柏屋〜河和〜美浜I.C.〜(途中で鋭角に曲がって布土方面へ抜ける道)〜
(布土直前,名鉄河和線の手前で左折)〜(よくわからない田んぼ道)〜
(1.と同じゴルフ場を下ってきたところ)...

面倒なので,このくらいに. あと,わざわざ河和まで行かなくても,その途中に農道があって, そこを通ると美浜I.C.方面へ抜けられる道があったり (この辺は,場合によっては案内板が立ってますね), 名鉄河和線の方まで行かなくても, 途中にもう少しいい抜け道があったりします.



大きく話がそれてしまった… ^^; そろそろ合宿の話でも.
今回,新歓合宿では2つのイベントを企画していた. そのひとつはみなさんが知ってる通りの分割練習である. そして,もうひとつは…先手必勝の怒り爆発攻撃だった.^^;

最初のイベント,分割練習は初日の午後に行われた. 課題は3つ(2つ+α). 1楽章展開部はそれほど難しい部分ではないのだが, まずは1楽章をしっかり固めたいと考えたのと, いまいちアンサンブルが上手くいかないという現状を見て選んだ. 3楽章の掛け合い部分は,アンサンブルがちょっと難しいかもしれないが, それほど難易度が高いところではない. しかし非常にまとまりが悪いので練習してもらうことにした. 4楽章の課題はパート内をまとめるのも,全体のアンサンブルを整えるのが結構難しい部分である. ただし,最初の2つの課題ができたらやるという条件つきである.
4つのグループに分けて練習してもらったのだが, 予想していたよりもグループの差というものが大きく出たようである. 私は2つのグループだけしか練習の見学をしなかったが, どちらも同じような練習をしていたので, 練習のやりかたが悪かったわけではないと思う. それほど速くない8分音符を基本とするアンサンブルで, これほど違いが出るのはちょっと意外であったが, こういうところに,基礎力というものが如実に現れてくるんですね.^^; 一番気になったのは, 「きざみができないこと.」 8分音符のきざみが不自然なほどびっこをひいてしまうので, ものすごく気になった. 弓のアップとダウンで弾き方が違いすぎると思う. 普段から気にして練習していないというのがよく分かります. 今回の演奏会ではなおらないと思いますが, 今後の課題としてコツコツ練習していって欲しいと思います.

3楽章3/8についても, 基本的にはボウイングの問題があるようです. 3拍子なのでちょっと難しいですが. どうも,どこをとってもボウイングの問題が根底にあるようですね. うまくなりたいとか,もう少し楽に弾けるようになりたいと思う気持ちがあるのなら, ぜひ基礎練習をして欲しいと思います. 1日の練習で改善される度合はわずかですから, 結果が目に見える形で分かるまでにはおそらく1年以上かかると思います. それでも毎日着実に練習を重ねていけば, 気がついたときにはできるようになっていますので, 諦めずに練習して欲しいですね. 「基本が大事」ですから.
あと,皆さん思いっきりが悪いですよ. 単に練習してないからなのかなぁ? 練習を見ていると,この部分についてはどうもさらい不足のような気がしました.

4楽章は,時間がなくてどのグループもやらなかったようです. 1つ目の課題で結構時間をとってしまったようなので仕方ないですね. どれも適当になってしまうのは良くないですから, 妥当な判断だと思いました.

2つ目の怒り爆発攻撃に関しては, 本当は3月にやろうとしていたものだった. しかし,私の不手際のせいで奏者側が先に怒り爆発状態になってしまったので, 無期延期状態になっていた. 初日の夜の分奏で実行しようとしたが, その後の事態収拾に自信が持てなかったので, 怒りの表現というよりは悲しみの表現で終わってしまった.(;_;)
なぜそうしようと思ったのかという点についてはちゃんと説明しておかなければ ならない. 理由としては, 優しく教えるとしっかりさらってきてくれない. 練習がだれ気味になる. 奏者のみんなの気持ちを引き締めたい. 等があげられる. 3月の事件については, もうトレーナーなんかやめちゃえと思うくらいショックであったが, 事件直後の分奏ではみんなの集中力がかなり高く, いい演奏(練習)ができた. それに比べると, 4月に入ってからの練習は教える側が怒らせないよう慎重になっていたせいか, いまいち緊張感がないものとなっていた.
もっと必死にさらって欲しい, 演奏会前のラストスパートが欲しい. どうすれば良いか? 後で非常にたくさんの時間を必要とすることになるが, ショック療法も一つの手である. 現に3月はショック療法が効いていた. 嫌われるのは嫌だけど, どうせ今回限りのトレーナーだし, 演奏会が成功するためならそれもまたいいだろう. あるいは,できているところを練習して褒めてあげて, 満足感に浸らせてあげることでやる気を起こさせるのがよいか. しかし,これでは即効性に欠ける.
ということで,みんなの前で切れてしまおうかとも思ったのだが… 結局できませんでしたね.(^^;)

合宿中の話題としては,もう一つ Tutti がありました. 4楽章をなんとかしたいということで練習をしましたが, なんかみなさん疲れちゃってだめでしたね. もう少し場面の切り替わるところで, 神経を使って欲しいと思います. 現状では,ただ前進あるのみって感じです. さらなる努力を期待します.
goto トレーナー奮戦記(3)にもどる left もどる right すすむ
harada@tanimoto.nuee.nagoya-u.ac.jp