Top 練習,第4回分奏
休みボケ? 練習不足? まさかそうしたいの?

Feb. 22 1999

テストも終わり, 北原先生来団まであとわずかとなりました. テスト明けの練習ではだいたい嫌な思いをすることが多いので, 21日のトップ練習ではとにかく期待しないようにと心がけていました. しかも,私の都合で申し訳なかったのだけど朝10時からの練習ということだったので, 多くの人が遅刻してくるのではないかという不安もあり, 何があっても我慢だといい聞かせていました. で,蓋を開けてみると…
山には9時すぎに行ったのですが, 予想以上にたくさんの人が来ていたので驚きました.^^; 皆さんやる気があっていいですね. しかも, きっと遅刻してくるんじゃないかと思っていた人たちが(ゴメンなさい _o_) 既に来ていたので,ほんとびっくりしました. 今考えればこれが間違いのものとだったのですが, もしやみんなすごく練習して来ているのではないかと密かに期待をしてしまいました. そう,そんな期待は練習開始数分後に見事に裏切られるのでした.
今回の演奏会の弦分奏では, 「基本に忠実に」ということを目標にして取り組んでいるので, チューニングを丁寧にやってもらったり, 音階練習をやったりと, かなり基礎的な部分の練習を採り入れています. そして,管と弦の間の音程の差を縮めるのには, 一緒に音階練習をやるのがいいだろうと考えてトップ練習でも音階練習をやったのですが, これがすごい!! H-dur だったからというのもあるかもしれない. しかも2オクターブやるうちの最初の音だったからかもしれない. H の音が全然合わないんですね. 困ったなぁ. その音,曲の中で使う人が多いでしょ? チューニング直後でそこまでひどいってことは, 曲の中でも合うわけないよね? 音程だけにとらわれて音楽ではなくなってしまうのは良くないことですが, 改善の努力はすべきだと思います. 管楽器の人たちも,曲の中に出てくる音階 (とりあえず D-dur, H-dur, G-dur, C-dur くらい) は揃うように練習してください. これからもトップ練習の最初にやりますから.

次は全曲通し.その後2楽章. 1,2楽章を終えた時点で多少イライラがつのり始めていたが, 3楽章でそれが加速し, 4楽章はかなりキテマシタ. メトロノームでさらってねってお願いしてなかった? この様子だとしてなかったのかもしれない. 少なくとも, 出てきた音に精確なリズムというものはあまり感じられなかったですね. 先入観だけで演奏しているって感じかな. 今からでもいいです. 最初は楽譜に書かれていることに忠実に演奏してみてください. アンサンブルがしっかりできてから表現をつけたって遅くはないです. 実際,揺れるところというのはそんなに多くはなくて, イン・テンポであることが多いです. だから,お願い!! これから一カ月くらいちゃんとメトロノームを使ってさらってください. あと,練習中に一か所楽譜の読み間違いを発見しましたが, 来団までに各自でもう一度見直してみてください. なんか一つじゃすまなさそうな気がする…
まだあった,演奏のオリジナリティを出そうとするのは結構なことですが, 音楽的でないことはしないでくださいね. 音楽的でないことをしてオリジナリティを高めたとしても, それは愚かな行為としてしかとらえてもらえません. それゆえに,誰もやってないのです. お願いしますね. はぁ…


気分をかえて,ここからは22日の弦分奏のお話. テスト明け最初の分奏である. これまでの分奏では1楽章全部と2楽章前半しかやっていなくて, あと2回の分奏で先生来団を迎えることになる. さすがに全ての楽章を一通りは見ておかないとまずいので, この日は全楽章の通しと2楽章の練習, 次回は3,4楽章を一気に練習するという, ちょっと強行な内容になってしまいそうである. ここのところ練習では細かくやることが多かっただけに, はしょって見ていくと内容のない練習になりそうでちょっと心配かな(案の定, Boss からは文句がきたが…). 今のところは,アンサンブルをする上での約束事を決めていくという点に注目して, あまり深くは追求しないことにしますので, 我慢してください.

この日の予定は以下の通りでした. この日はちゃんと録音機材(MD)を持って行ったので, 通しだけは録音をしていました. 本当は最初から録音する予定だったのですが, 準備の都合で今日からになってしまいました. 前に立って, しかも棒を振りながらだとなかなか聞こえない音があるのですが, 録音をすると聞こえなかった音がちゃんと聞こえてくるので, 非常に役に立ちます. 実際,後で聞いてみたらいろいろとチェックすべき所がありましたので, その辺は今後の分奏でやっていこうと思います. あと,MD の枚数を増やして,毎回の練習を録音するようにしようと思っています.
通しの内容ですが, 1楽章に関しては, 期待していた程ではないにしてもまあそれなりに練習しているなぁという 印象を受ける演奏でした. 2楽章になると,展開部あたりからかなり厳しくなり, 3,4楽章はもうぼろぼろという感じでした. きっと分奏をやっていない楽章は練習していないんだろうな. それに,最近モーツァルトの練習ばかりしてるって噂だし. 2楽章の方は, 基本的にはチェックポイントの設定が中心でした. 内容的にはちょっと曖昧だったかなぁ.

私は決して怒りません. なぜなら, たとえ練習して来なかったとしても, それは本人がそれでいいと思っているからそうしたのであり, その程度の演奏会が開ければいいということだから. みんながやりたくて選んだ曲について, その練習の手助けをするのが私の役目です. 練習して来なかったら, できる範囲の練習しかしません. いい演奏会にしたい, 楽しく演奏したい, そう思うのならば, できないところを早いうちに克服すべきです. 克服までの道のりは険しく,つらいかもしれませんが, それなくしていい演奏は期待できません. ただし, 無駄な努力をする必要はなく, 最小限の努力でいい演奏にするために, 我々は工夫するのです. やっぱ楽したいからね. 私はその手助けをします. 好きでやっているサークルなのですから, 「始めにやる気ありき」 であることを忘れないでください.
しかし,あまり逃げみたいなことを書くとよくないので, こちらとしても来団の様子を見て, 今後の練習の進め方を考えようと思います. あっという間に3時間が過ぎてたっていう練習内容, 理想ではあるけど,その準備って大変だなぁ… まぁ,がんばります.

最後に,楽しく演奏しましょうよ. 「音楽」なんだから.


goto トレーナー奮戦記(3)にもどる left もどる right すすむ
harada@tanimoto.nuee.nagoya-u.ac.jp