お江戸参り
先生との会食

Feb. 15 1999

最近,インフルエンザで寝込んでいる人が増えているようですね. 高熱を出して寝込む人,お腹にくる人, どちらも症状が長引いて大変だったという話を聞きます. 今のところ大丈夫だという人でも, テストが終わって緊張から開放される今頃が特に注意すべきときです. 健康管理には十分気を使ってください.
# 毎日4時とか5時に寝てる人が言えるような言葉ではないのですが… ^^;

さて,街には「バレンタインデー」という, 製菓業界の発展への貢献キャンペーンに駆り出された若者達が溢れている2月14日, Boss I, 海苔屋 Y,進学塾 K,そして私の4人で, 次回演奏会の式を振ってくださる North Field 氏に会うべくはるか江戸へと旅立ちました. すっかり夜型人間になってしまった私としては, 朝10時に山に集合して,長時間車を運転するのはちょっと不安であったけれど, なるべくお金を使いたくないし, 時間に余裕を持って行きたいということもあって, 10時集合となりました. 私が山に来たときには,既に Boss は山にいて練習をしていました. 海苔屋はバイクで,進学塾は車でそれぞれ山に集合, 10時を少し過ぎての出発です.
いざ,江戸へ!! と思いきや,Boss が忘れものをしたことを思いだし, Boss 邸のある元耶麻へ. Boss,忘れものなんかしちゃダメじゃないですかぁ. でも高速に乗る前だからいいか. 多少遅れはしたものの, トラブルを想定して早めに集合していたので全然問題はなかった. さぁ,気をとり直して出発だ!!
絶好のドライブ日和, 朝一番に愛車ピザ屋の点検をしてあったので車は快調に飛ばしていった. 最初は気がつかなかったが, Boss はスピードに対する免疫があまりないらしく, 猛加速がかかると多少うつむき気味になっていた. すぐに気がつかなくて申し訳ない… でも,気がついたところでスピード狂の血がおさまるわけないが ^^; 多少混んではいたものの, 東海道を怒涛のごとく駆け抜け, あっという間に牧ノ原 S.A. に. 海苔屋と私は先に昼食をとる. その後もスピードは衰えることなく, 14時前には海老名 S.A. に到着. ここで Boss と進学塾が昼食をとった. ところで,実は私いまだにプリクラをやったことがなくて, ここで生まれて初めてプリクラに挑みました.^^ これまでは, そんなシールを作ったってどうしようもないじゃんって思っていたんですが, やってみると以外と面白いですね. しかも,文字が入れられたので, 思わず「ちゃんと練習してください」って入れちゃいました. 全部で16枚あったので,一人4枚ずつ分けました. 数に限りがありますから,欲しい人は言ってくださいね. ってだれも欲しくはないか…
食事を終えて再び出発. 原宿は渋谷のすぐ北側なので, 東名高速から首都高3号線に入って渋谷で降りたらすぐにたどり着いてしまった. 当初は有料駐車場に入れるつもりだったのだが, 駅の近くに路駐してもいい道路を発見し, かつまだ時間に余裕があったので, どこか空いているところがないか探すことにした. ぐるぐると同じ所を3周ほどまわったところでようやく1台車が出て行くところを見つけ, 駐車. そこから原宿駅を目指して歩き始めた. しかし,本当に日が悪いらしく,ものすごい人ごみ. 普段そんなに人がいっぱいいるところを歩いたことがないので, もううんざりという感じだった. 原宿駅で Boss が先生の自宅に電話をかけるが,留守. しかしまだ4時であったので,約束の6時まで時間がある. そこで,5時半まで喫茶店で時間をつぶす. だが5時半に電話をかけてもまだ先生はいらっしゃらない. 仕方がないので,留守番電話にこちらの連絡先を入れ, 約束の6時に,待ち合わせ場所である原宿駅に行った. Boss は写真を見て覚えてきているが, ほかの3人は先生の顔を良くしらないので, よくわからない. そこで, ブラームスのスコア(私が使っている青くて大きいやつ) を持っていることにした. しかし,全く現れない. 2,30分待った後, じつは携帯に連絡が入っているのではないかということになり, 海苔屋の携帯を見てみると,先生から電話がかかった跡があった. そこで先生に連絡をとったところ, 用事が長引いてしまい, 先にお店に行っていて欲しいとのこと. 先生があらかじめ予約されていた原宿駅すぐ近くのイタリア料理屋に向かった.
入口で待つこと数分. North Field 氏が現れた. 細みで長身.知性とおちつきが感じられる方である. もっと神経質そうな方なのではないかと予想していたので, ちょっと裏切られた感じではあったが, 第一印象は非常に良かった. 席につき,飲物と料理の注文. 私以外はワイン.;_; うーん,車を運転してくるんじゃなかった… まずは自己紹介から. 私からはじめて,海苔屋,進学塾,Boss と自己紹介をしていった. 最初のうちは先生のお話を聞きつつ料理を食べるような状態が続いた. 話を簡単にまとめると以下の通り. あと,オケの構成やら普段の練習等について聞かれた. North Field 氏がブルックナーをライフワークとされるほど好んでいるということは 全く知らなかったので,これを聞いたときちょっと喜んでしまった^^; 思わず「是非名古屋ブルックナー管弦楽団もよろしくお願いします」と言ってしまった… ま,それはさておき氏は本当に今回の3曲のことがお好きらしく, かなりの気合いが感じられた. こちらも頑張って練習しないとNorth Field 氏を悲しませてしまうかもしれない. まだ全部の楽章をちゃんとやってないし, 初めての Tutti が来団で本当に大丈夫なのだろうか… ちょっと不安だなあ.
来団に関しては, ということで話がまとまった. 最初は10時からだったのだが, 3曲とも見ていただきたいというこちらの要望をお伝えしたところ, 9:30から始めるのはどうかとNorth Field 氏の方から提案があり, 努力しますということで話がついた.
後半はやっと雰囲気にも慣れてきて, それぞれの曲に関して, トレーナからNorth Field 氏へ質問を始めた. 基本的には,どの曲も楽譜に忠実にということであった. また,最初なのであまり細かく言うつもりはなく, こちらで好きなように曲を作っておいて良いとのことであった. なので, 「名大オケの演奏」という一つの形を作って見せられるようにしたい. こちらからは, 全楽章一通り練習をしておくけれども, 1,2楽章の呈示部を特に重点的に練習しているので, そこを聴いてこのオケの力を判断していただきたいということを伝えた. そういうことなので, 1,2楽章の呈示部に関してはNorth Field 氏の要求に答えられるようにさらっておいて欲しいな. 3,4楽章についてはNorth Field 氏の求めるテンポでは演奏できないかもしれないということを お伝えしましたが,それでもあまりひどい演奏をするわけにはいかないので, ゆっくりでもいいからちゃんとさらっておいて欲しいです.
ちなみに料理の方は, パン,豆の煮物?,パスタ,魚料理,肉料理,サラダ, デザートという感じのいわゆるコース料理であった. 味は…そこそこおいしかったかな. 実際,最初の方はあまりよくわからなかった.^^;
あっという間に9時になってしまい,会食はおひらきになった. お店でNorth Field 氏と分かれたあと, 我々は原宿に来た記念にプリクラをやろうということになり, 竹下通りへ向かった. 夜9時を過ぎるとほとんどの店は閉まっていて, プリクラの店は2つしかやっていなかった. しかも,原宿にはあまりいいのがなくて,決めるのに迷ってしまった. なんとかひとつ決めてとったあと, Priname という名刺を作る機械を発見,みんなそれぞれ自分の名刺を作った. こちらも私は「しっかり練習してね!」というコメント付の名刺にして, ぴかちゅうの図柄の名刺を作った. もしも欲しい人がいたら言ってね. 4枚くらいあげられると思うから. って誰も欲しくないよね ^^; さらに,海苔屋,進学塾が名刺を作っている間に Boss と私とでスタンプを作った. なかなか笑えるできになった. 突然楽譜にスタンプを押されるかもしれないけど,気にしないでね. ^^
全ての用事が終わり, いざ尾張へ. 夜の高速をかっ飛ばした. 行きと同じように海老名,牧ノ原で休憩をとり, 午前4時前(忘れた^^;),無事山に到着. Boss,海苔屋,進学塾は自宅へ, 私は朝9時から行われる修論発表会に遅刻しないようにと, 研究室で寝ることに. ようやく長い一日が終わった.


goto トレーナー奮戦記(3)にもどる left もどる right すすむ
harada@tanimoto.nuee.nagoya-u.ac.jp