二度目の来団と Tutti, 弦分奏
基本をおろそかにすることなかれ

Nov. 16 1998

11月7日.二度目の来団.中村区役所講堂.

初めて訪れる中村区役所講堂. あまりいいところではないが, とれなかったのなら仕方がない.
この来団では,4楽章から順番に 3,2 と進んでいった. チェロ,バスの近くで聴いていたせいか, 両パートの音程の悪さがものすごく気になった. こんな音程の悪い中で弾いていて, 気分が悪くならないのだろうか? 何とかしようと思わないのだろうか? 不思議でならない. 音程のない今のティンパニと同じような音がする. あと一カ月,もう少しなんとかして欲しい.

管楽器は相変わらず. 出るのが遅いとか,もっと表現しろとか. 練習場所のせいか,本当に管楽器が出るタイミングが遅い. 先生に注意されてもあまり改善されないところを見ると, 変な反射音に惑わされてしまっているのではないかと思う.

弦楽器全体としては,品のない響きにちょっとがっかりした. これも場所のせいか? いや,そんなことはないだろう. 1stをはじめとするすべてのパートにおいて, パートで一つの音しか出していないはずなのに, 音程,タイミング等が合っていないためにさまざまな音が聞こえてくる. チェロバスにいたっては, 先に書いたように何の音だか全然分からない. まずは,音程と縦の線.きっちり揃えて欲しい. それと,弓の使い方とかを研究して,豊かな響きが出せるようにし欲しい.

無理か?


11月15日.Tutti.豊明市役所講堂.

やりたいことはいっぱいあって,どれからやろうかぎりぎりまで悩んでいたのだが, 弦楽器奏者の曲に対する理解が不足しているという 3,4楽章をやることにした. 管楽器奏者には大変申し訳ないことをしたと思うが, ほとんどの時間を弦楽器のトレーニングに使ってしまった. 管楽器にとって, 前にいる弦楽器に合わせなければならないという使命がある. ただ後ろにいるだけだからではなく, 弦楽器の方が人数が多い分機動力に欠けるという理由もある. その弦楽器がぐちゃぐちゃだと, 管楽器奏者はどこにあわせていいのかわからなくなる. だから, まず弦楽器を何とかしようと思ってこんな結果になってしまった.

結果から言うと,「期待した程の効果は出なかったが, 一応の改善は見られた」というところか. まだまださらいこみが足りないようだ.
3楽章.約束ごと,注目すべき音などを事細かに説明し,一通り練習した. 特に,弦楽器に対してはものすごく細かくやったつもりだった. しかし,頭の中では多少理解してくれたように思うが, 音にはなかなか現れない. もう少し待たないとだめかなぁ.
管楽器に対しては,特に木管に対しては, 「おおげさに表現しなさい」ということに絞った. しつこく言っただけあって,少し表現が出てきたように思う. 管楽器全体としては,「テンポ(タイミング)に注意せよ」 ということに重点をおいた. 弦楽器が一定のテンポで演奏できない現状ではなかなか難しいことだが, あまりそれを気にせずに自分達でカウントして出てくるようにと指導した. 管,弦ともにさらえてくれば,きっとアンサンブルもまとまるだろう.
4楽章.先日の来団での惨状を考慮し, 一番簡単そうなところで弦楽器の音程をとったが, 最初に出した音は最悪. 合わせようと思っても, 普段気にしていないせいかなかなか収束しない. 不満を抱きつつも, そればっかりをやるわけにはいかないのできりのいいところで打ちきり.
もう少しちゃんとさらってくれたまえ.


11月16日.弦分奏(^^).

僕が管のトレーナーをやるときには毎回あるのだが, 今回も弦トレーナーと管トレーナーを入れ換えての分奏をやった. とにかく弦楽器に対しては言いたいことがいっぱいあったので, どれをやるかということが問題だったのだが, 結局 4楽章をやることにした. しかも, 結果的には練習番号 D の部分にほとんどの時間を費やすことになってしまった.
.....(続く)


余談.

15日,とあるテレビ番組を見ていたら,PL学園の特集みたいなものをやっていました. なぜ PL学園は強いのか,甲子園での活躍と, その後のプロでの活躍ぶりを紹介しながら, 強さの秘訣に迫っていました.
そもそも関西地区の能力の高い選手が集まって来ているという 恵まれた環境ではあるけれど, それだったら関東地区でも同じような高校があるはず.

結局のところ,監督が一番力をいれていたのは 基本を大事にすることと, 野球は即人道につながるとして,人間の形成に力をいれたこと だそうです.

選手達を信用し,自己管理させる. また,彼らに自身を持たせ, どんな逆境に陥っても必ず勝てるという意識を持たせる.
だそうな.

勝ち負けのつくものではないけれど, オケも結局おなじなのかなって思いました.


goto トレーナー奮戦記(2)にもどる left もどる right すすむ
harada@tanimoto.nuee.nagoya-u.ac.jp