なんか大変だったんだってね
3回目の来団.○松激怒??

Apr. 14 1998


どういうわけか, 11日の来団と12日の Top 練習に参加しませんでした. 関係者の皆さん,迷惑をかけてごめんなさいね. 理由は…知ってる人は知ってるのでここには書きません.

さて,3回目の来団が11日にあったのですが, どうやらものすごかったようですね. 僕は13日に,リクルーターとして名大に来ていた Y.I. 君 から事の詳細を聞きましたが, まずその事実を聞いて驚き, そして内容を聞いてさもありなんという印象を受けました.

とうとう小松先生を怒らせてしまったんですね.



今のオケの状況は既に合宿評(まだ未完ですが… ^^;)に書いた通りで, 本当は早くその対策を打たなければいけなかったのですが, 合宿以来そのことを伝える機会がなく, 伝えないまま次の来団を迎えてしまいました. 小松激怒という状態になってしまったのは, 皆さんの意識が変わっていないかぎりある意味当然の結果だと思っていますが, それに対して何もできなかったのは自分としては非常に残念です. これに関しては,奏者にも当然責任がありますが, トレーナである私と T 君, そして,来団の日程を決めたスタッフ, 技術委員長にも責任があると思います.

とりあえず,なぜこうなってしまったのか, よく考えてみましょう.

皆さん,特に技術委員の皆さん, この演奏会の練習を始める時に私に何と言いましたか?

今,振り返ってみて,ちゃんと私に言った事を実行できていましたか?

いまだにチューニングの A すら合わないなんて, おかしいと思いませんか?

シベ 1 が難しいのはわかります. でも,あの程度の指まわしができないのは, 単に基礎練習が足りないからではないのですか? 本当に,ちゃんと練習したのですか?

暗譜で演奏できるくらいさらいましたか?

どこかで甘えていませんか?

怒らないと目を覚ましてくれませんか?

合宿評と同じ事の繰り返しになってしまいますが, 私から見た感じでは,
  1. やっぱりまだまださらいこみが足りない.
  2. 先生に注意されることの大半は楽譜に書いてあることである.
  3. 曲あるいは音楽そのものに対する理解不足.
  4. 表現のテクニック不足.
ですね. 今度の合宿ではお酒なんか飲んでられませんよ!!
そんな暇があったら,練習しなさい. 必要とあらば朝まで面倒を見てあげます.
ちゃんとできるようになった人だけ, 酒を飲む事を許します.

それがいやなら, 勝手になさい.
僕は,トレーナをやめます.

goto トレーナー奮戦記にもどる left もどる right すすむ
harada@tanimoto.nuee.nagoya-u.ac.jp